中国台湾と日本のモデルの違い

君は日本人モデルをブッキングしたことがあるか?普通無いだろう。僕はあるぞ。最初、事務所にコンタクト取ったとき、ちゃんと相手にしてくれるか心配だったけどw

無事にお仕事をお願いできたんだけど、そのときにわかったことがある。それは日本人使いはにくい!ってことだ。

日本のモデルに仕事をお願いするとき、ギャラをざっくり事務所に聞くわけだけど、使用媒体・使用期間などを聞かれて非常にめんどくさい。ざくっとギャラを聞きたいだけなのに、すぐに答えが出てこない。

これは結構ストレス。

 

それに比べ、中国台湾はいたってシンプル。
時間単価 x 拘束時間 だからね笑

モデルのレベルによって時間単価が違うだけだから、料金がすぐわかる。しかも、何の媒体に使ってもいいし(2次利用は知らん)、期間も問わない、写真の事前チェックも必要ない。お願いする側からすると最高かよ!って感じ。

このシステムに慣れてしまうと、まじ日本人使いにくいってなってしまう。日本のほうが縛りが多くて権利が守られてる感があるんだけど、仕事のテンポ悪くなるし、チャンスを逃してしまうこともあるんじゃないのかな。

現に某海外メディアは日本のこの辺がめんどくさくて、日本人使わなくなったっていう噂もあるくらいだしね。

ちなみに中国は欧米からモデルが出稼ぎにくるレベルの国だってことだけは言っておく。

以上。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です